2019年03月08日

「The Christmas Song」 花山幸山  新宿にて

今日もJAZZ
ナット・キング・コールのクリスマスソングです。
少しまとまってきました。
Nat King Cole 「The Christmas Song」

Chestnuts roasting on an open fire
Jack Frost nipping at your nose
Yule-tide carols being sung by a choir
And folks dressed up like Eskimos

Everybody knows a turkey and some mistletoe
Help to make the season bright
Tiny tots with their eyes all aglow
Will find it hard to sleep tonight

They know that Santa's on his way
He's loaded lots of toys and goodies on his sleigh
And every mother's child is gonna spy
To see if reindeer really know how to fly


And so I'm offering this simple phrase
To kids from one to ninety-two
Although it's been said many times, many ways
Merry Christmas to you

And so I'm offering this simple phrase
To kids from one to ninety-two
Although it's been said many times, many ways
Merry Christmas to you

shinjyuku0308.jpg
Singer Kozan 花山幸山 / 新宿にて
新宿の夜景も素敵です。


posted by 幸山 at 17:24| 兵庫 ☁| Comment(0) | お気に入り曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

「ともこ」 吉幾三

ラベル:吉幾三
posted by 幸山 at 20:43| 兵庫 ☔| Comment(0) | お気に入り曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

「君をのせて」 花山幸山   ・・・ 風に向いながら 皮の靴をはいて

今日は、
沢田研二さんの「君をのせて」です。

「君をのせて」
作詞 岩谷時子(神戸女学院大学ご出身) 作曲 宮川泰


風に向いながら 皮の靴をはいて
肩と肩をぶつけながら
遠い道を歩く

僕の地図はやぶれ くれる人もいない
だから僕ら 肩を抱いて
二人だけで歩く

君のこころ ふさぐ時には
粋な粋な歌をうたい アーア
君をのせて 夜の海を
渡る舟になろう

人の言葉 夢のむなしさ
どうせどうせ知った時には アーア
君をのせて 夜の海を
渡る舟になろう

ラララー ラララー ラララー
ラララー ラララー ララーラー

アーア
君をのせて 夜の海を
渡る舟になろう

アーア
君をのせて 夜の海を
渡る舟になろう



ustunomiya0621.jpg
歌 花山幸山 / 宇都宮にて
みんみんで餃子、いただいてきました。
posted by 幸山 at 16:31| 兵庫 ☁| Comment(0) | お気に入り曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。